-

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨ペアを買ったり、売ったりすることによって儲けを狙う取引です。80-12-4

価格は、四六時中上下しています。80-15-4

それがレートです。80-2-4

ラジオを聞いているとドル円やユーロ円のマーケットの話題が流れます。80-5-4

よく見るのが「今のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。80-11-4

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという事ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを意味しています。80-18-4

言い換えると、トレードには買いと売りの2個の価格が存在します。80-7-4

売値のことをBID、買値のことをASKと表している取引業者も存在しています。80-14-4

一般的に売値が小さくなるものです。80-9-4

実際に買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。不安神経症治療法

この差分をスプレッドといい、FX会社の儲けの一部になっています。

スプレッドの幅はFX取引会社によって異なります。

スプレッド幅はみなさんにとって費用になるので狭い業者を選んだほうが得します。

ただ、同じ取引会社でも局面によってはスプレッドの広さは広くなったり狭くなったりします。

もし日常的にはドル円のペアでたった1銭のスプレッドの狭さであっても、レートの上下がとても大きい場合には大きくなったりする場合があります。

ですから、スプレッドが低いのと、変化しないのが肝心です。

最近では変わらないスプレッドの狭さを見せるFX会社も多数あります。

リアルに取引会社の注文画面上で本当の為替レートを見なければわからないので手間がかかりますが、大事な事です。

大切なお金を預けて注文するわけですから、リアルな注文の前に、魅力的に思えたFX業者の取引するための口座開設を全てして、示されているスプレッドの広さを知っておきましょう。

同じ通貨でも、その瞬間の相場の条件によって、通貨のスプレッドの広さは異なることがあります。

通常、インターバンク相場で取引量の多いペアではスプレッドの広さが小さく、別の通貨ペアでは拡大する事がよくあります。

80-4-4 80-13-4 80-10-4 80-8-4