-

そもそも、一般の人が破産を要請するまでは負債のある本人への電話を使用しての借金徴収と、負債のある当人の家宅への直接訪問での徴収は無法にはならないということになります。77-15-4

とりわけ、自己破産に関する事務手続きに進んで以降、申請までに余計な時間があった場合では債権保持人は強硬な徴集を行う可能性が上がります。77-2-4

債権者サイドにとっては借金の返納もすることなく、なおかつ破産などの司法上の対処もされないといった状況だとグループ内部で対処をすることができなくなります。77-9-4

他にも債権保持人の過激派は専門の人間に助けを求めていないと気づくとかなりきつい取り立て行為に出る債権人もあります。77-14-4

司法書士団体もしくは弁護士に助けを求めた場合には、債権人は負債者に対する直接取り立てを続行することが認められません。77-1-4

頼みを把握した司法書士の方それか弁護士事務所は案件を担当する旨の通知を各取り立て会社に送付することとなり、それぞれの債権者がその通達を開封した時点で依頼人は取立人による厳しい収金から放たれるという流れになります。77-20-4

債権者が勤務地や故郷へ行く返済請求は法律の規程で認められていません。77-19-4

登録している会社であれば勤務先や父母宅へ行っての集金は法律に抵触しているのを認知しているので違法であると伝えればそのような徴集を続けることはないと思います。77-6-4

破産の手続き後は当人にあてた徴集を含んで、取り立ては禁止されています。77-13-4

だから債権者による支払い要求は完全になしになることとなります。77-16-4

といっても中にはそういったことを知っていてやってくる取り立て企業も存在していないとは断定できません。

登録が確認できる業者ならば、破産に関する申し立て後の返済要求が借金に関する法律の規程に違反するのを把握しているので、伝達すれば、そのような収金をやり続けることはないと言っていいでしょう。

とはいえブラック金融と言われる登録外の会社についてとなると強行な返済請求が理由の被害があとを絶たない状況です。

裏金が取立人の中にいるケースでは弁護士事務所および司法書士の方などの専門家に連絡するようにした方がいいといえます。

77-4-4 77-8-4 77-7-4 77-17-4 77-5-4