-

どこにでもある外国為替証拠金取引の情報では、「損をした状況ではナンピンによって、ポジションのコストをコントロールする」等記述されているが、これは相当大きな落とし穴がある。ライザップ 汐留

まず、ナンピン買いの手法に関してとても簡単に述べておきます。ライザップ 小倉

一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。ベル美容外科クリニック

ドル買いなので、円安に進むほど儲けが出ますが、反対に1ドル95円まで円高・ドル安に推移したとします。ベルタプエラリア

そのままの状況で保持し続けたとしたら損失が回復するまでには、5円分、ドル高が進まなければならない。ナグモクリニック

投資家であれば、損失は早くリカバリしたいと思います。ライザップ 柏店

ここではじめにエントリーしたのと同じ分のドルを95円で買い増しする。シルキーカバーオイルブロック

それによって、全体の買い付け価格は97円50銭まで低くする事が出来ます。ベルタ葉酸サプリ

結果として、2.50円の幅でドル高が進めば損を取り戻す事が出来ます。ジパングドットコム

こういったことがナンピンの原理です。ベルタ葉酸サプリ

ナンピン買いの手法を知ると、「その通り」と考えたりするが、為替はそう易々と思った通りにはなりません。

そもそも、1ドル=95円が下限だとということなど誰一人として分かるはずがありません。

仮定として、為替相場が相当に強い円高ドル安基調だったら1ドル95円では下げ止まることなく、よりドル安に進む確率は高いです。

ひとつの例として、1ドル97.50円でナンピンをしたとしても、95円まで円高ドル安になっとしたならば、ナンピン買いした分にも、差損が生まれることになってしまいます。

その状態では、初めにエントリーしたドルと同時に、倍の損が生まれる事になります。

例示したとおり、ナンピン買いは難しいです。

それでは、為替相場が自らのシナリオとは逆向きに進んだ場合、どんな対応で危険の確率を軽減すればいいのだろうか。

こういう場合には選べる手段は多くはありません。

ひとつは執着しないでポジションを閉じる事です。

もうひとりはその段階で、自分が保持している買いポジションを縮小することで再び為替相場が回復するのをひたすら待つ事です。

少し弱腰の対策だとおっしゃる投資家もいるkもしれません。

だけど、買いポジションに損失が生じた場合リスクが低い方法はこの2つ以外にはありません。

ロジックのうえでは、ナンピンという考え方もありえます。

しかしナンピン買いは自分自身が損をしている場面で、買いポジションを縮小するどころか反対に買いポジションを重ねていく手法です。

この考え方では、危機を制御することなど、無謀だと思ったほうかいいだろう。

ナンピンを続ける事ができればやがては儲けが出るかもしれません。

だがしかし、そうなる前にお金が不足してしまいます。

クーカンネットショップ シルキーモイスト ファンデーション