-

クレカを契約していると通常は加入会社から利用明細が送付されます。

それらの明細書を見ればどこの店でいつカードをいくら分使用したのかについての詳細事項が記されているため以前にクレジットカードを使って払った購入履歴を確認するのに非常に容易で実用的でもあります。

代用は少し無理があると思いますがまとめやすい家計簿っぽいものに見立てることも難しくないので、支出管理にも使えます。

それから上記のクレカご利用明細の案内があってからおおよそ十日ぐらいしてから決済金額の支払いが行われます。

そのためこの利用明細書を見てみて何か疑問に思う項目一例として決済したこともないWEBサービスが表の中にあれば、コールセンターに連絡して確認すれば済むことが多いでしょう。

本当に偽造による不正使用のようなあなた以外の人の使用が判明した場合であっても、クレカ使用者に何か理由(落ち度)がない時には大多数の事例においてはクレジットカード会社がそれらの支払いを削除してくれます。

最近ではこの便利な利用代金明細をパソコン画面で一覧できるクレジットカードが普通になっています。

普段からどんなサイトでいくらで買ったかを把握しておく方法で不正利用を防ぐのはもちろん、家計簿としても使えて預金管理もこれだけで可能になります(インターネットで照会OKなところは昔の利用額や利用可能ポイント数なども参照可能な場合が多です)。

クレカはカード利用以外の点でもかなり助けになる手立てなのです。