-

カードローンについての引き落し方法というものは、会社の方針によってかなりへだたりがありいろんなメソッドが導入されております。マイクレ

類型的なところでは残高スライド方式やリボ払方法がとられているみたいです。サラ金で200万円

こういう誰しも知ってるリボルディングでも、本当を言えば算出様式にはおおくの法というものがあります。

それゆえそのよう方式によって返済金額が違ってしまいますから、理解することで損はないと思います。

ではわかりやすくこの2つの方式のギャップについて解説しましょう。

ひとつは元金均等払いで、その次は元利均等払いです。

これらはその名のとおり、元本について一様にして返済していくのと元金と利子に関してをあわせて均等に支払っていく手法です。

今回はもし10万円を借り入れたとして具体的にどんなような計算をしていくのか試してみます。

利子については両方とも15%として計算します。

それとリボルディング払いなどの金額は1万円として計算します。

はじめに元金均等払いのほうからです。

この時の初回の引き落しに関しては1万円に金利分の1250円を合計した返済となります。

次の支払いに関しては1万円に対して金利分の1125円を足した金額となるのです。

こういうようにして10回で返済を終えるという手法となります。

一方、元利均等払いというものは1回目の支払いは1万円でそこから元金に8750円利率に1250円と言うように割り振ります。

その次の引き落しに関しては元本が8750円へと減った状態で利率を勘定してその1万円を再び分配するのです。

要するに元利均等払いの場合では10回で返済が終わらないといった算出になってしまうのです。

たったこれだけの差異で両者がいかに違ってるのかたっぷりわかったと思います。

元利均等というのは元金均等と比べ、まぎれもなく元金が縮小するのが遅くなっているといった弱点があったりするのです。

つまり利率というものを余計に支払うというようなことになります。

反面、1度目の支払いが小さな金額で済んだという強みもあります。

こういった返済方法などの差異に連動して支払トータルが相異なってきたりしますから自分の返済計画に合致する方法を採用するようにしていってください。