-

通常の経験の浅い方向けのFX取引のテキストでは「損をしたケースではナンピン買いで、全体の買い付け価格を抑える事ができる」等書かれていますが実際にはこれには目に見えない危険性があると考えます。ロコモア

まずはじめに、ナンピンのやり方に関して易しく述べます。アフィリエイト おすすめ

例として100円で1ドルを買ったとします。カイテキオリゴ amazon

ドル買いだから円安ドル高に推移するほど黒字を得られますが1ドル=95円まで円高が進んでしまった。

この状態でポジションを維持し続けたら、損がなくなるまでにはマイナス分、円安に向わなければなりません。

誰もがみんな、損は可能な限り早く戻したいと考えるでしょう。

それを解決するため最初に売り買いしたのと同額分のドルを売買します。

そうすると、平均の価格は97円50銭まで引き下げることができます。

つまり、2.50円の幅でドル高が進行すればマイナスを回復できます。

それが、ナンピン買いのロジックだ。

ナンピン買いの方法を目にすると「納得だ」と考えたりするが外国為替市場はそう易々と問屋を卸しません。

だいたい、95円が下値だということなど、誰一人としてわからないのである。

仮に、為替が相当の円高の流れだとしたら、95円では収まらず更に一段の円高ドル安にいく危険性がある。

例として、97.50円でナンピンをして、95円まで円高ドル安が進んだらナンピンをした分についても、損が生まれます。

そういう状況では一番初めに取引したドルと合わさって、二重の為替差損を被ることになる。

このように、ナンピン買いはややこしいです。

であるなら、マーケットが自らの台本とは反対にみるみる行ってしまった場合、どんな方法で危機をコントロールすればいいのでしょうか。

こういう時には選ぶべき選択肢は2つ。

ひとつは観念して損切りをする事です。

もうひとつは、その段階で、自分が保有している買いポジションを縮小することによって再び市場が回復するのをじっと待ち望むことです。

だいぶ消極的なやり方だと言う人もいるでしょう。

だけど、自分のポジションに差損が生まれた時、有効な術はこの2つ以外にはありえません。

なるほど、理屈の上ではナンピン買いをする方法もあるように思える。

しかしながらナンピンは、自分か損失を披っている状態でポジションを無くすどころか、反対にポジションを積んでいく方法です。

この考え方では、危険性を避けることなど、どう考えても無理だと考えたほうがいいです。

ナンピン買いを続けられればやがては利益を上げられるかもしれません。

だけど、それより前にお金が無くなってしまいます。