-

フリーローンの返済方式というものは会社それぞれで随分ずれがありまして、様々な手法が採用されています。類型的なところではスライド法やリボルディング払方式が選ばれているようです。斯様なほとんどの人がわかっているリボでも実際のところ算出方法にはいろいな方式というものがあったりします。ゆえにさような方式に応じて支払い合計金額が異なってきてしまうわけですから知っていて負担はないはずです。そうしたらやさしくこの2つの方法の相違についてを説明します。最初は元金均等払いその次は元利均等払いです。両者はそう呼ばれているように、元金に関してを一様に返済していくのと元金と利率についてを一緒にして一様に返済していこうという方法になります。今回のケースでは仮に10万円カードキャッシングしたと仮定し、いかなる計算をしていくのかやってみます。利回りについてはいずれも15%として計算します。それとリボルディング払の引き落としは1万円と設定して計算します。まずは元金均等払いからです。このケースの1度目の引き落しに関しては1万円に対して利率分1250円を計上した引き落とし金額になります。その次の引き落しについては1万円へ利率分の1125円を合計した引き落とし金額となります。こういうふうにして全部で10回にて返済を済ませるという手法になります。一方元利均等払いというものは初回の支払は1万円ですがそこから元本へ8750円、利率に1250円といったように割り振るのです。2回目の引き落しについては元本が8750円へと減った状態で利息を算出して、1万円から再度分配します。要するに、元利均等払いの場合では10回で支払が完了しないといった計算になってしまいます。これだけのギャップで両者がどれほど異なっているかたっぷりご理解頂けたことでしょう。元利均等とは元金均等と比べて、まぎれもなくもと金が縮小するのが遅くなっていると言うマイナス面というものが存在したりします。すなわち金利というものを余計に支出すると言うことになってしまうのです。他方1回目の支払いが少なくて落着すると言うプラスもあったりするのです。こういった返済形式の相違に応じて、支払い合計金額というのが違ってきたりしますからご自分の返済計画に応じた使い方を採用するようにしてみてください。