-

想像できずに突発的に出会うのが事故です。この状況でどのように作業した内容が要因となり自動車の保険金の支払金も大きく変化する状況も予測できますので冷静な考えと対策が大切です。考えもしない状況にあって混乱してしまえば場面を逃してしまい後で自身がかなりの損を負わされる状況も想像できるので乗用車の事故に遭遇してしまった状況では的確に次の行動をしましょう。車の事故をしてしまった状況で一番初めにするべき事は負傷した人がいるかどうかの確認です。自動車事故直後は頭の中が真白になってぼうぜん自失となってしまう状況があり直ちに動けないのが通常です。その状況では、怪我をした方がいた時に安全が確認された地点へ動いてできる限りの手当をし周りの人に助けを求めるようにして怪我人の優先に努める必要があります。119番通報する状況では正確な位置を知らせ分かりにくい場合には付近の分かり易い建物や交差点名を告げて事故の現場の場所が分かるようにします。その後警察に知らせ、自動車事故を起こしてしまった事と現在の状況を伝えます。救急車と警察を待っている時間に怪我人のことを確認します。氏名、住所、電話番号、免許事故の相手の方の保険会社という自分だけでなく相手の情報を教えます。この時相手に過失がある時には、その場で解決しようとするケースがありますがその場所で解決するのではなく、どういう場面であれ警察や保険屋さんに報告して、平等にジャッジしてもらうことが重要です。各々の連絡先を教えあったら他の車の障害にならないように妨げになる物道の上からどけます。もし障害となった物が他人の自動車の妨げになっている時は情報の交換をするより先にこの作業を行っても構いません。その後自らが掛金を支払っている保険屋さんに連絡して事故を起こしてしまった事を電話します。自動車での事故から一定期間の時に自動車保険の会社に連絡を入れないと、車での事故の保険の適用除外となることもあるので極力遅れることなく連絡を入れることが大切です。可能ならば事故内容の証拠として、デジタルカメラや携帯などを用いて現場や乗用車の破損状態を見ることができる写真を写しておきます。その写真は責任の割合決定する時に証明とできるので、己の自動車や相手の乗用車の破損をしっかりと写真に残しておくことが大事です。その場面で近くに人がいたならば警官の方が保険屋さんの人が辿り着くまでその場所にそのままいてもらうように頼むのも重要です。