-

どこにでもある初心者用のFXのテキストでは、「損が生まれたケースではナンピン買いを入れることによって平均の買い付け価格を小さくする」などと書かれていますが、正直それは大きな隠れたリスクがあると考えます。はじめに、ナンピン買いのロジックに関して手短に説明します。一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。ドル買いということでドル高に推移するほど儲けが出るわけですが運悪く95円まで円高ドル安方向に触れたとします。そのままポジションを所有し続けたら、利益がでるためには5円分、円安が進まなければならない。投資家であれば、損は早急に戻したいと思います。それを解決するためはじめに注文したのと同額の$(ドル)を、95円で売買します。それで、ポジションの単価は1ドル=97.50銭まで低くする事が出来ます。半分の幅でドル高が進行すれば損を回復できます。この流れがナンピン買いのロジックだ。このような、ナンピンの理屈をみると「納得だ」という風に思うが、そう容易には思い通りにはいきません。そもそも、1ドル=95円以下にならないとは、誰にも想像できません。仮定として、為替相場がかなりのドル安傾向であるならば1ドル=95円ではとまらず、さらに円高になる確率がある。ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピン買いをして、1ドル95円まで円高ドル安が進んだら、ナンピン買いしたポジションにも赤字が生まれることになってしまいます。その状態では、最初に買ったドルと合計で、二重の損失を被ることになる。それほど、ナンピンは難しいのだ。ならば、外国為替市場が自身のシナリオとは反対の方向に素早く向ってしまった場合、いかなる方法で危機を軽減すればいいのだろうか。こういう状態で選ぶべき選択肢は2つだけあります。ひとつは潔くポジションを閉じる事です。ふたつめは、今、保有しているポジションを縮小することによってもう一度マーケットがリカバリするのを黙って待つことだけです。少し消極的なやり方だと思う投資家もいるだろう。だが、持っている買いポジションに損が生まれた時、最も有効な術はこの他には期待できない。当然、ロジックのうえではナンピンをする手法も有効です。だけどナンピンは、あなた自身が損失を出している状態にもかかわらず、ポジションを小さくするどころかポジションを積み増していく考え方です。この対策では、危険を管理することなどとてもできないと思ったほうかいいだろう。ナンピン買いを続けられればやがては勝てるかもしれない。だけど、それより先に資金が足りなくなってしまいます。